>

世界の不用品対策と不用品回収事情

日本では不用品は簡単に捨てられない

家庭から出る不用品は、日常的に出るような燃えるゴミであってもいつでも捨てる事は出来ません。
分別にも各自治体でルールがあり、決まった曜日と時間までに指定場所に運ばなければ回収してもらえません。

粗大ゴミに関してはさらに手間がかかり、自治体で回収してもらうには連絡をした後に回収シールの購入をし、大きなものであっても自分で約束の日時に指定の場所まで運び出さなくてはなりません。
もしくは、不用品回収を専門の業者に依頼することになりますが、不用品の数が多いと高額の費用が発生してしまうのが難点です。

最近はネット上で簡単に個人が売り買いできるシステムが導入されたのもあり、不用品を売ってお金にしたり、使う時期が限定されている子ども関連の商品は不用品を賢く利用するという考えも浸透しつつあります。

焼却処分量世界一の日本

少しづつゴミを少しでも減らそうと言う価値観も浸透してきて、スーパーではレジ袋ではなくエコバッグを持参したり、ネット販売でも過剰包装を控えるようになりました。
それでも国民一人一人が排出するゴミの量は世界で上位に入ると言われるほど多いそうです。
世界から比べると環境問題に関する意識はまだまだ低いのかもしれません。

不用品をリサイクルする事に興味や関心は増えてきましたが、環境問題を考えて積極的に行おうと言うよりも、捨てるだけだとゴミになってしまって無価値だけど、売ってお金になれば何か欲しい物や必要な事に使える軍資金になるという考えの人が多い気もします。

燃えるゴミは燃やしてしまえば消えてなくなるので処分したように感じるかもしれませんが、大量のダイオキシンを大気中に放出しています。
地球の環境汚染について日本人は他人事の部分が多いですが、考えなくてはなりませんね。


この記事をシェアする