世界の不用品回収事情

世界の不用品回収事情

海外の不用品事情

日本の不用品の処理システムはゴミも含めて他国よりも進んでいると思うかもしれませんが、環境問題の観点から考えるとものすごく遅れていますし、国民1人が出すゴミや不用品の量も1位だと言われています。 環境先進国を見習い一人一人が不用品に対する価値観や意識を改めなければならない時代が来たのかもしれません。

環境先進国の不用品事情

環境先進国では不要になった物はゴミとして捨てるのは最終手段で、基本的にリサイクルするという価値観が高いようです。 リサイクルに協力することで買い物が割引で受けられたり等、ゴミとして捨ててしまうよりもリサイクルするほうがお得になるように企業も協力しています。

日本の不用品事情は

日本は技術力も高く文化も進んでいて、ルールやマナーも守る人が多いので美化に関する意識が強そうな印象があるかもしれません。
家庭のゴミを捨てるのだって分別も細かいし、ゴミも含めて不用品の処分に関しても環境問題に力を入れている感じがします。
確かにゴミや不用品を回収するまではシステム化されていたり、多様化された不用品回収業者も増えてきて、その辺に放置する人は1部の人だけですが、問題なのは回収されたゴミや不用品がどう処分されているかです。

日本では燃えると判断されたゴミや不用品は焼却処分をしますが、海外では燃やした際に発生するダイオキシンなどの有害物質の影響を考え、燃えるゴミであっても焼却するという価値観ではないようです。
その為、ダイオキシン対策を徹底しているヨーロッパと比べると焼却量は10倍以上だとも言われています。
世界的に考えても日本はゴミの焼却量がナンバー1で、ダイオキシンの排出量も同じくナンバー1だそうです。
いくら捨てるまでのシステムが確立されていても、結果として地球を汚染するような状況が現状です。

環境先進国ではなるべく物を捨てずにリサイクルをする事を国も企業も個人も積極的に行っています。
引越しの前にはガレージセールを行う習慣や、リサイクルに参加することでメリットがあるように各国工夫がされています。

不用品の処分する際に、捨てる方法だけでなく、そのゴミがどうなるのかまで考えて処分しないと日本は海外からどんどん遅れてしまうかもしれません。

世界の不用品対策と不用品回収事情

最近はインターネットで簡単に不用品の売り買いが出来るようになったのもあり、ゴミとして捨てるのではなく、まずは出品してみようなど個人がリサイクルに興味を持ち始めるようになりました。 捨ててしまえばただのゴミですが、手間をかける事で不用品が不用品ではなくなります。